資格を取って介護師になるという夢を叶えよう

就職転職に有利

介護系の資格を目指す場合は、まず初任者研修課程を修了し、働きながら実務者研修を取得、実務経験を積んで介護福祉士を目指すというのが一般的です。さらにステップアップしたい場合にケアマネジャーを目指します。介護業界では、資格は就職にも転職にも有利になり、キャリアアップに欠かせないものといえるでしょう。

働きながらケアの勉強

仕事や家庭のある社会人が介護の資格を取るには、スケジュール的に通学が必要な専門学校は難しいでしょう。そのため、学習する時間の調整がしやすい通信講座で勉強するのがいろいろな面で便利です。最近は通信教育でもサポートや教材が充実しているので、専門学校と変わりない内容で学習ができます。

少子高齢がもたらす現状

食事

働きながら学習をする

少子高齢化が急速に進む日本では高齢者の介護をすべて家族だけで行うということは非常に難しい状況になっています。そのため、近年では高齢者の介護を専門とする施設や介護サービスなどのニーズが高まっています。しかし、介護施設やサービスが拡大するスピードに専門的な知識を持った人材の確保が間に合っていないのが実情で常に人材不足に悩まされているところも少なくはないと言われています。このような背景から介護に関しての専門的な知識を持っている人に対してのニーズはとても高く、これから先も仕事の数は増えていくものと考えられています。もしも、本格的に介護の現場で高齢者の方々と接しながら仕事をしたいというのであれば、その第一歩として介護に関しての資格の取得を目指してみるのがベストな選択です。介護に関しての資格はいくつかの種類がありますが、そのなかには受験資格が特に設定されていないものや、ごく短期間で資格取得ができるものもあります。まず最初はこのような初歩的な介護関連の資格の取得を目指してみるようにしましょう。資格の取得後は実際に介護の現場で働きながら実務経験を積みながら勉強を続けていけば、さらに上級の資格へのステップアップを目指すことができます。初歩的な資格に関しては特にスクールに通わずとも通信教育で学習をすることができるので、仕事をしながら資格の取得を目指すことが可能なので興味があるという人はぜひ夢に向かって挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

高齢化社会で活きるスキル

近年高齢者をケアする上で必要な資格について関心が高まっています。介護福祉士は国家資格であり、職場で役立つ重要なスキルの一つです。一方で介護職員初任者研修は職場で役立つと共に家族のケアの為知識や技術を得たいと考えている方にもメリットの有る資格です。それぞれのニーズに合うものを選び、学ぶことが重要です。